早漏になりがち

包茎というのは日常生活に様々な弊害を及ぼすといわれています。
見た目などのコンプレックス、臭い、性病感染などが挙げられてきますが、さらにもう一つ加えるとなると性行為で起こる早漏の問題ではないでしょうか。
やはり、包茎の男性というのは早漏になりやすい傾向があります。
包茎手術をする人の多くが、早漏を解消することを目的としてもいるのです。
そもそも包茎でない男性の場合は、亀頭は常に露出していますからパンツを履いている状態の時にも常に亀頭が刺激され、亀頭が刺激に強い状態になります。
ですので、性行為の時にも亀頭は膣の刺激に十分耐え、性行為を持続することが可能となってくるのです。

逆に、包茎の男性の場合には亀頭が常に包皮で覆われた状態になっています。
もちろんパンツで亀頭が刺激されることが少なく、どうしても刺激に弱いことになってしまいます。
ということから、包茎の男性は性行為の際の膣の刺激に耐え切れず、包茎でない男性と比べて早漏になってしまいがちなのです。
女性というのは、膣を十分に刺激されないと快感を得ることができませんので、早漏の男性ではどうしても女性に十分な快感を与えられないことになるのです。
後、真性包茎やカントン包茎の場合には包皮を自分で剥こうにも剥くことができませんので、性行為を行うことは困難で包茎手術というものがどうしても必要になってきます。

それに対して、仮性包茎の場合には包皮を手で剥くことが可能になります。
ですので、仮性包茎の男性の場合にはパンツを履く時に包皮を手で剥き、亀頭に刺激を与えるようにしていることが少なくはないのです。
しかし、これにもいくつかの問題があります。
仮性包茎の程度にもよりますが、多くの場合は包皮を手で剥いてパンツを履いても包皮はすぐに戻ってしまいます。
トイレのたびに包皮を剥くようにしている男性もいるといいますが、これはかなりの手間になり面倒であるのは間違いありません。

また、仮性包茎の場合でも包皮を手で剥くと痛みを伴う場合もあり、その場合には包皮を手で剥くことは困難になるのです。
最初のほうにも述べましたが、多くの包茎の男性が早漏を解消するために包茎手術を受けています。
包茎手術を受ければ亀頭は常に露出した状態になるために、パンツの中で刺激を受け続けることになるのです。
途中などで自分で剥くという煩わしいこともしなくて済みますし、同時に早漏でなくなるというのは包茎の人にとってはとてもありがたいことではないでしょうか。