性病感染

包茎がコンプレックスになっている一つの要素に「臭い」というものがあります。
普段は包皮に覆われている亀頭に恥垢という雑菌が溜まってしまい、その雑菌が原因で異臭を放つことになるのです。
この雑菌による異臭もコンプレックスの一つになるのですが、この雑菌による性病感染というものも悩まされる大きな原因ともなっているのです。

そもそも、仮性包茎というのは真性包茎やカントン包茎とは異なり、性行為を普通に行うことは可能になります。
しかし、仮性包茎も性病感染という大きなリスクがあることは心に留めておく必要があるのです。
仮性包茎による性病感染は、ただ自分が感染するだけでなくパートナーを感染のリスクにさらすことにもなってしまうのです。
結局のところ、仮性包茎の男性は包茎でない男性に比べて性病感染のリスクが高まります。
それは、包茎の場合亀頭が包皮を覆ってしまっているからであり、包皮で覆われた亀頭は湿っぽく温かくなっているからです。
さらに、尿が凝固することでできる恥垢が溜まりやすくなっているため、細菌が繁殖するには絶好の環境でもあります。
亀頭や包皮に性行為やフェラチオ、自慰行為などにより傷ができると、繁殖した雑菌が体内に侵入することになるのです。
その場合には「亀頭包皮炎」を発症してしまうのです。

また、雑菌が尿道から入り込むと「尿路感染症」を発症します。
「亀頭包皮炎」や「尿路感染症」というのは、包茎の男性の場合包茎でない男性の数倍も感染リスクが高くなるといわれています。
さらに、「性器カンジダ症」のように女性がかかることが多く、男性はかかることが少ない性病も包茎の男性の場合は感染リスクが高まります。
包皮で覆われた亀頭の部分が「カンジダ菌」など病原菌の温床となってしまうからなのです。
それと、性病感染は本人にとっても大きなリスクであることはいうまでもありませんが、それだけには留まらないのです。
パートナーをも感染リスクにさらすことにもなるのです。

性病というのは空気感染や飛沫感染をすることはありませんが、性行為によって感染されます。
ですので、パートナーの男性が性病に罹患していると、女性も性病感染リスクが高まるということなのです。
そして、女性の場合は性病に感染すると、「不妊症」や「子宮頸ガン」になりやすくなります。
統計的に「不妊症」や「子宮頸ガン」の女性のパートナーは、包茎の場合が多いといわれているので特に注意が必要となってくるのです。